サービス付き高齢者向け住宅 ウエックガーデン

サービス付き高齢者向け住宅とは

トップページ > サービス付き高齢者向け住宅とは

「サービス付き高齢者向け住宅」って何?

サービス付き高齢者向け住宅とは、ひとり住まいの高齢者や、高齢のご夫婦が心から安心して暮らせる居宅のことです。
高齢者が安心できる住まいの確保をめざし、2011年10月国土交通省・厚生労働省の共管制度として創設されました。
アパートやマンションに入居するときと同じように賃貸借契約を結び、自由度の高い生活を続けたい方におススメです。

サービス
  • 介護福祉士やホームヘルパーなど、日中はケアの専門家が常駐しています
  • 安否確認や生活相談サービスなど、サポート体制が万全です
建物設備
  • 建物内は高齢者にやさしいバリアフリー構造です
  • ゆったりとした居室(25㎡以上)が確保されています
  • 台所やトイレ、浴室などの設備が充実しています
これからの時代にふさわしい高齢者の住まいとして、政府では60万戸の供給をめざしているんだよ。

「有料老人ホーム」と比べて、「サービス付き高齢者向け住宅」にはどんなメリットがあるの?

「サービス付き高齢者向け住宅」は、よく「有料老人ホームじゃないの?」と勘違いされがちですが、契約方法や運営基準など、さまざまな点で大きな違いがあります。アパートやマンションに入るときと同じように、できるだけ入居時の費用を抑えながら、賃貸借契約を結び、自由度の高い生活を続けたいという方には、「サービス付き高齢者向け住宅」がおすすめです。

サービス付き高齢者向け住宅のメリット

  • 「有料老人ホーム」は入居時に数百万円もかかる場合がありますが、「サービス付き高齢者向け住宅」なら高額な費用がかかりません。
  • 「サービス付き高齢者向け住宅」はアパートやマンションと同じ賃貸借契約なので、入・退去が自由で住み替えも可能です。
  • 入居者様の状況に合わせて、比較的短期での利用もOKです。
  • 「有料老人ホーム」と違って、お部屋を移動されることはありません。
  • 広い居室で、自分の時間を大切にしながら、ゆったり過ごせます。ご家族や友人をお招きすることもできます。

ページトップへ戻る